鍵開けが必要になった際には!業者に依頼してスピード解決

鍵開けが必要になったら

「鍵を紛失してしまった」「鍵が欠けて、解錠できなくなってしまった」といったトラブルの際には、専門の業者に鍵開けを依頼する必要があります。しかし、鍵開けはそう何度も依頼するものではないため、どれくらいの時間がかかるのかわからない方も多いでしょう。

鍵開けの流れ

  • 物件の管理者に確認を行う
  • 電話・ネットで鍵開け業者に依頼
  • 数分~数十分で業者が到着
  • 鍵の形状や対応方法を確認
  • 見積価格を試算
  • 鍵開け作業を行う
  • 解錠後、料金を支払う

鍵開けが必要になった際には!業者に依頼してスピード解決

カギ

作業時間はどれくらいかかる?

鍵開けの作業時間は、一般的なシリンダーキーの物だと十分から二十分程度しかかかりません。そのため、基本的には鍵開けの時間よりも業者が到着するまでの時間の方が長くかかるでしょう。埼玉などの都心部であれば、鍵開け業者は最短十分程度で到着してくれます。一方住宅地の場合だと、一時間程度はかかることを想定しておきましょう。
また、シリンダーキーより複雑な電子キーや車のキーの場合、作業が一時間以上かかることもあります。

鍵開けの費用ってどれくらい?

鍵開けの費用は、鍵の種類によって異なります。例えば一般的なディスクシリンダーキーなら、五千円程度から鍵開けを依頼することが可能です。一方、車の鍵の解錠の場合、年式が若いものだと数万円以上の費用が必要な場合もあります。他にも鍵のタイプによって費用は大きく変動しますが、支払い方法が現金以外に対応している業者もあるので、すぐに費用が用意できなくても心配はいりません。

解錠不可能な鍵もあります

鍵の種類は多様化しているため、業者によっては鍵開けが出来ないタイプの鍵もあります。例えばカードキーやスマートキーといった電子キー、暗証番号式のキーなどは業者によって対応していません。
また、車に搭載されたキーもメーカーや製造国ごとに仕組みが異なっているため、業者によっては対応できない場合があるでしょう。そのため、鍵開けを依頼する際には、最初に鍵のタイプを伝える必要があります。

鍵開け後はメンテナンスを依頼しよう

鍵開けを行う業者は、鍵そのもののメンテナンスも行ってくれます。一般的な鍵穴方式の鍵の場合、穴の中にゴミが入り込んでしまったり、雨風によるサビの発生などで段々と回しづらくなってしまいます。
また、鍵と鍵穴は共に金属なので、使用を繰り返すごとに形が変化し、鍵が入りづらくなることもあるでしょう。このように、鍵の機能性が落ちてきたと感じた際には、メンテナンスを依頼することで機能性を改善することが出来ます。部品の一部を取り替えたり、中のゴミを取り除くだけでも機能性は改善するので、使いづらくなった際には業者に相談してみると良いでしょう。

鍵のトラブルは専門家に

鍵のトラブルの幾つかはDIYでの対処も可能です。しかし素人の対処の場合、鍵の取り付けが甘かったり、寸法がずれているせいで解錠しやすくなってしまうこともあります。安く抑えようとして防犯性が悪くなったり、壊れやすくなったりしては本末転倒なので、鍵に関するトラブルは業者に任せるのが一番だと言えるでしょう。

広告募集中