ウーマン

心の不調を解決する仕事に就く|心理カウンセラーの資格を取ろう

様々な場面で必要な人材

カウンセリング

学校や企業に高い需要

人間関係や仕事のことなどで多くの人がストレスを感じている現代社会では、心理カウンセラーの資格を持つ人は様々な場面で求められる人材の一つとなっています。心理カウンセラーが活躍する場面は多岐にわたっていますが、具体的にどのような場所で心理カウンセラーは活躍しているのでしょうか。心理カウンセラーが活躍している場所の代表的な場所が学校です。学校で活躍する心理カウンセラーはスクールカウンセラーと呼ばれています。心理カウンセラーの資格を持つ人以外にも臨床心理士の資格がある人も多く活躍しています。スクールカウンセラーは学校に通う児童・生徒の心理面でのサポートを行うのが主な仕事です。いじめや不登校、家庭内の問題など、現代の学校には多くの問題を抱えた生徒がたくさんいます。そういった生徒のカウンセリングを行うのがスクールカウンセラーとなります。小学校から大学まで多くの学校がスクールカウンセリングを重要視しているので、心理カウンセラーの資格を活かせる場となっています。また、企業でも心理カウンセラーを採用する企業が増えてきています。企業で活動するカウンセラーは産業カウンセラーと呼ばれています。産業カウンセラーは企業で働く社員の心理面でのサポートを行います。希望者のカウンセリングのみならず、定期検診などで支援が必要と判断された社員のカウンセリング、ストレス等が原因で休職した社員の復職支援なども産業カウンセラーの重要な役割の一つです。心理カウンセラーはストレス社会と呼ばれる現代社会では、どの分野でもなくてはならない存在となってきています。