えんぴつ

心の不調を解決する仕事に就く|心理カウンセラーの資格を取ろう

カウンセリング

様々な場面で必要な人材

ストレスを抱える人が増えている近年、心理カウンセラーの需要は高まっています。大人だけでなく、学校で生徒の心のケアをするなど、心理カウンセラーは多くの場で活躍しています。特に企業で社員のケアをする場合は産業カウンセラーと呼ばれ、復職支援や定期健診などでその資格は活かされています。

人の悩み相談を行います

女の人

カウンセリングを行います

心理カウンセラーは、心理学の知識をもとにして、悩んでいる人の相談を受ける仕事を行っています。心理カウンセラーの主な仕事は、人の悩みを聞いてカウンセリングを行うことです。心理カウンセラーの資格は国家資格ではなく、大学などを卒業することで取得できるものや民間団体の講習等を受講して取得できるものや、認定資格試験に合格することで取得できるものなど多数があります。心理カウンセラーの資格として有名なものには、臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー、認定心理士、学校心理士などがあります。インターネット上には、心理カウンセラー養成の専門学校等の一括紹介サイトがありますので、これを利用して資料請求を行うことができます。学校等の教育機関で働く心理カウンセラーは、スクールカウンセラーと呼ばれています。スクールカウンセラーは、児童・生徒の相談以外に、その親の育児の相談なども行っています。スクールカウンセラーは、学校でのいじめや不登校などの問題の相談を行っています。スクールカウンセラーになるには、精神科医の資格や民間資格である臨床心理士の資格などが必要です。心理カウンセラーは、病院やクリニックのほか、保健所、福祉センターなどの福祉施設、学校などの教育機関、大学などの研究機関、民間企業などで働いています。心理カウンセラーに向いている人は、他人の話を十分聞くことのできる人です。相手の悩みを聞いて、相手に寄り添い、相手の気持ちを前向きにすることができる人が、心理カウンセラーに向いていま

カウンセリング

メンタルケアのプロに

現代社会ではストレスなどによって体調を崩すケースも増加しています。それにより、心理カウンセラーの存在は重要視されています。なるためには絶対必要な資格というものはありません。心理カウンセラーには種類も豊富なため、それに合った資格取得が望ましい傾向にあります。

勉強

心の専門家を目指す

年々、心理カウンセラーの需要は高まっています。その中で、心理カウンセラーに関する資格を目指される方も増加していますが、将来的に、ご自身がどのようなカウンセラーになりたいかによって資格の内容も変わってきますので、まずは情報収集からスタートするのがいいでしょう。